Register Now: Hybrid Cloud Infrastructure Partner Training

Learn how Windows Server and System Centre 2016 delivers new layers of security to help protect customers’ datacentres from new and emerging threats. Understand the software defined datacentre components found in Azure can help customers achieve cost reduction while still achieving high standards for performance. Check the new capabilities on Windows Server to support traditional…


行動應用開發平台寶典 (三) 行動 DevOps

前言 微軟的 Visual Studio Team Services、Team Foundation Server、Xamarin Test Cloud 與 HockeyApp 提供開發者與 IT 人員一個全方位的環境,讓您的團隊可以管理專案並快速地建置、測試與佈署行動 app 和後端的服務。


Design Pattern: Security – Masked Text

Aliases: Masking out Context: In the user interface (UI) of a software system, the user enters protected information such as a password, an access key, a credit card number etc. Problem: The entered information is visible during data entry and whenever any user (the one who entered the data, or a foreign user) opens the…


Installing Power BI Desktop through SCCM

Installing Power BI Desktop through SCCM Over the past few months, my enterprise customers have been challenged to keep up to date with the latest monthly installations of Power BI Desktop as the product group releases new functionality. In enterprise environments where local users are not administrators on their machines, it is a challenge to…


SCCM Application Detection Rule using Registry setting type

Hi All, There are multiple blogs posts available on how to setup a detection rule for sccm application. However, I find it difficult to set registry setting type correctly i.e. what values should go in fields like ‘key’, ‘value’, ‘data type’ etc. So here is my blog post answering such questions. I am sharing one…


Azure Mobile Apps Node.js Server SDK v3.0.0 のリリースを発表

執筆者: Adrian Hall (Sr. Program Manager, Azure App Service Mobile Apps) このポストは、9 月 20 日に投稿された Announcing the release of Azure Mobile Apps Node SDK v3.0.0 の翻訳です。   Azure Mobile Apps Node.js Server SDK の次期バージョンが発表されました。今回のリリースでは多くの新機能の追加、機能強化、不具合の修正が行われています。 データ変換、フィルター、フック Server SDK の主な機能の 1 つに、セキュリティ フィルターとレコードの変換をサーバー レベルで提供し、開発者が JavaScript コードを作成してサーバーの要求-応答パイプラインを改良できるようにする、というものがあります。今回の v3.0 リリースでは拡張ポイントの改良をさらに進め、受信したクエリやアイテムを処理したり、各データ操作の後に機能をトリガーしたりできるようにしました。独自のフィルター、変換、フックの作成と配信も、もちろん可能です。また、コードの量を少なくするために一般的なフィルターをパッケージ化しました。 ユーザー別のテーブル おそらく最も頻繁に使用されるフィルター要求は、「データをユーザー別に提供する」ものです。ユーザー別のテーブルは認証機能と組み合わせて使用することで、テーブル内のデータを各ユーザーに提供する際に制限を適用できます。このフィルターを使用する場合、テーブル定義に perUser = true というコードを追加します。以下はその例です。 var table =…


Dynamics AX における 「EXCELにエクスポート」機能の制限事項について

「EXCELにエクスポート」機能の制限事項について Dynamics AX では、グリッド画面 (例: 「すべての仕入先」)にて 「EXCELにエクスポート」(EXPORT TO EXCEL) 機能を提供しております。この機能をご使用いただくことにより、画面のデータを EXCEL にエクスポートすることが可能です。 (参照) Create Open in Excel experiences https://ax.help.dynamics.com/en/wiki/off101-office-integration-enable-users-to-edit-data-in-excel/ Dynamics AX Platform 7.2 時点、この 「EXCELにエクスポート」 機能では、2000行までのデータのみエクスポートが可能です。2000行を超えるデータの場合、2000行目までのデータのみエクスポートされ、2001行目以降のデータについてはエクスポートされません。なお、この際、特にエラーメッセージ等は表示されません。 [対応策について] 2000行を超えるデータのエクスポートには、「データ管理」(Data management)のエクスポート機能をご利用ください。具体的な手順は、下記資料をご覧ください。 Develop an entity and using it for data migration  > Developing an entity in Visual Studio and enabling it for data export https://ax.help.dynamics.com/en/wiki/developing-an-entity-and-using-it-for-data-migration/#developing-an-entity-in-visual-studio-and-enabling-it-for-data-export > Exercise 2:…


SQL Updates Newsletter – September 2016

Recent Releases and Announcements SQL Server 2016 – CU2 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3182270 SQL Server 2012 SP3 – CU5 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3180915 SQL Server 2012 SP2 – CU14 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3180914 Azure SQL Database v12 has landed in Azure Government https://blogs.msdn.microsoft.com/azuregov/2016/09/27/azure-sql-database-v12-generally-available-in-azure-government/ Announcing the launch of Windows Server 2016 At our Ignite conference in Atlanta we launched the newest release of our server…


Serialising containers in X++

A problem I’ve hit a few times during troubleshooting is transferring containers from one environment to another. Importing a whole 100GB database to be able to access the results of a report packed into a 20MB container seems like a bit of an overkill. So, a natural idea would be to save the container to…