ほうれい線の治療を受ける|ドンドン若返る自分に驚きと感動を実感

医者

安全にできる対策

女性

原因と予防法

ほうれい線に悩む人は多いのではないでしょうか。今回はほうれい線の治療法について説明します。 まず、ほうれい線のできる原因として、大きく分けて二つ、骨格や遺伝によるものと間違ったスキンケアや顔のむくみによるものがあります。骨格や遺伝についてはそもそもの顔のつくりに問題があるため自分で治すことは難しいです。美容外科等での専門的な治療が必要でしょう。 もうひとつの原因である間違ったスキンケアと顔のむくみによるほうれい線は治療より前に予防することが可能です。スキンケアは間違った方法で行うと肌が乾燥してしまい、それがほうれい線の原因となります。肌の乾燥を防ぐことが第一の予防法といえるでしょう。また、顔のむくみについては、血液の流れが悪くなることが原因なので、顔のマッサージなどをこまめに行って血流をよくすることが必要です。ドンドン若返る自分に驚きと感動を実感し、更なる美を追求しましょう。

安全性を重視

では、ほうれい線ができてしまった場合、治療法にはどのようなものがあるでしょうか。 代表的な治療法として、ヒアルロン酸の注入があります。よくいわれる治療法ですが、これにより顔の動脈が詰まってしまい、鼻の皮膚が溶けてしまったり、ひどい場合には失明や脳梗塞の恐れがあります。その他の治療法として、皮膚の切除があげられますが、顔に傷跡が残ってしまい、あまり望ましい方法とはいえません。 最もよいほうれい線の治療は何でしょうか。それは高周波治療です。これは、高周波の熱によって肌に刺激を与えることで、新しい、ハリのある皮膚を強制的につくらせる方法です。価格が高く時間もかかりますが、ほうれい線だけでなく、顔全体にハリができ、若返って見えます。 以上の点を意識して、ほうれい線のない、うるおいのある肌を目指しましょう。

気軽にしわやたるみ消し

顔

手軽にアンチエイジングをしたいなら、美容皮膚科やメディカルエステのプチ整形がおすすめです。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの注射、フォトフェイシャルやサーマクールなどの美顔器で治療をすれば、メスを使わないでほうれい線を解消できます。

» 詳細へ

肌のたるみを予防する方法

スキンケア

ほうれい線がくっきりと出やすい人の特徴は、肌のコラーゲンやエラスチンが減少している点です。この成分は肌を内側から支える働きをするので、普段からケアが必要です。特に大事なのは紫外線対策です。ほうれい線の治療としてはプチ整形が人気です。ヒアルロン酸注射をするだけなので簡単に終わります。

» 詳細へ

見た目年齢を若くする

フェイス

化粧品やマッサージ、フェイササイズなどでは改善が難しいほうれい線も、美容クリニックなら確実に改善していけます。手軽に受けられる照射系の治療や、即効性のある注入系の治療など、メスを使わない方法がたくさんあります。

» 詳細へ

Copyright© 2016 ほうれい線の治療を受ける|ドンドン若返る自分に驚きと感動を実感 All Rights Reserved.